スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンガッキジーと「いや僕はね」引きこもりだから新学期とか無いよと少年は呟く

どうも雉です。好きなおせちは栗きんとんです。

このブログもさまざまなブロガーさんたちにリンクしただいているようで。
まず最初にお礼を。
ありがとうございます。本当に。
今日伝えたいことはここまでですので、あとは世界の野球さんのブログでも読みましょう。


さて、前回の最後に「次はサッカーについて書く」と書いた気がしますが、あれは嘘です。
いや書いたのは書いたのですが、なんやかんやで2回書いて2回消したので面倒なのでもう書きません。
まぁ間接的にサッカーについて書くんで許して。
あと僕はサッカーという響きがあんまり好きじゃないのと、中二病なのでこれからは主にフットボールって書きます。
あ、でもフットボールについてひとつだけ。

鹿島アントラーズのみなさん。天皇杯&ACL出場権&ゼロックス杯出場権&賞金&名誉獲得おめでとうございます。
あと大道選手くれてありがとう。大切にします。たぶん。



さて、話を変えて僕は前々回あたりの記事で創作についていろいろ自分なりの意見を書いた気になっています。
確かその記事では「プシュケの涙みたいなインスト小説的なのが書きたい。まぁ書かないけど」と書いたような。
まーそのインスト小説というのはこの数日間で「意外と結構ある」ということがわかったのですが。
というかインスト小説って群像劇と紙一重ですし。
それはともかく、インスト小説は難しいのでたぶん書きませんという意味の書かないけどという言葉を書きました。
難しくない小説なんて僕にとってはありませんけどね。
ツイッターでも言ってますが、ZUNさんくらい頭がキレキレだったら楽しいだろうなぁとか思ったり。
あの人はあの人であの会話文を作るのに相当苦労されているのかもしれませんが……。
しかしあのような会話文が書ける才能があったら僕は小説化よりも漫才を目指すかも。
でも友達居ないからコンビ組めないし、かつぜつ悪いから漫才は無理ですね。あっはっは。笑えない。
ともかく小説、とくに僕が書きたいなぁとちょっとだけ(ちょっとだけですよ)思ったインスト小説は難しい。

でもそれは、(前々回定義での)主人公を「人間」というか「生き物」にするからなんじゃあないかと。

インスト小説の魅力は「間接的に主人公という人間を読者に感じさせる」というところにあると書きました。
しかしそんなこと素人にできるわけないのです。
いやできる人もいるかもしれませんがとりあえず僕には無理です。
無い金を使うと大分トリターニになってしまうので、身の丈に合わせるということが大切なのでしょう。

じゃあどうするかというと、中心を生き物じゃなくせばいいんです。
なんかもうこれじゃあインスト小説の魅力なんて発揮しないですしそもそもインスト小説じゃ無い気がします。
インスト小説かもしれないけれど僕が前々回定義したインスト小説ではありません。
ですが、そういうところにこだわったって無駄です。
無駄ではないかもしれないですが、作品は作れません。
信念とか目標だけ自分の中に置いておいて、将来作れたらいいなと思うくらいでいいと思いました。

というわけで普通に群像劇がいいですね。話を広げやすい。
例えば主人公がbeatmaniaとか。
ざっと思いつくだけで開発者楽曲製作者プレイヤーゲーセン店員同人屋。
役職的なのが同じなだけでもちろん一筋縄ではないし。
プレイヤーは級段位だけでも18個あるしSPDPクリアラースコアラーいろんな楽しみ方がある。
いろんな人たちがbeatmaniaというものを中心に物語を作り、読者にbeatmaniaを感じさせる。
この手法だと初心者でもそれなりの数の物語を量産できる気がしますし、何より書いてて楽しいと思うんです。
伏線とか貼りまくり貼りまくりで手軽にプロ気分味わえますし。多分破綻した作品になりますが。


そこで僕が目を付けたのはフットボールクラブです。
ひとつのクラブには本当にさまざまな種類の人間が携わっています。
選手、監督コーチ、その他スタッフ、フロント、ボランティア、サポーター、行政、近隣商店街、スポンサー、記者、OB。
これだけ多くの人間が関わっています。
この人たちはそれぞれ、上のクラブに行きたいとか給料上げたいとか街盛り上げたいとかいろいろな目的があります。
ストレス発散したい、仲間とわいわい酔いながらフットボール見たい、クラブ使って金儲けしたい。
でも、ひとつみんなに共通していること。

この試合に勝ちたい。勝たせたい。昇格したい。させたい。

目的は多いですが、目標はおおまかに言うとみんなこれだけだと思います。
勝てば勝利給が発生して給料は上がり、街は盛り上がり、客が増えるので屋台は儲かる。
負け続けている自分の人生も、クラブが勝つとストレス発散するし、負けるより勝ったほうが仲間と盛り上がれる。
つまりどうしたいか。みんな勝ちたいんです。

別にこれは野球でも出来ますが、あまりにも規模が大きいし、そもそも僕は田舎者なので野球とか身近に無いですし。
ただいつか草野球小説も書いてみたいですねー。
男女混合仲良しグループって結構好きなんですよね。
階段部とか、リトルバスターズとか、ニート探偵団とか、時かけの3人野球団とか。
決して薄くなく、でも濃すぎない素晴らしい濃度と距離感の友人関係。
でも発生しちゃうグループ内での微妙な関係、友達以上恋人未満的な(←死語?)的な空気がたまらんです。
その心地よい距離感をぶち壊したくない、けど踏み込みたい!みたいな。
こういう面はリトルバスターズ以外上の例の作品に当てはまってないですが。
あ、時かけは当てはまってるか。
feketerigoとか隣人部みたいな最初っから恋愛的思いが絡んでそうなのはちょっと違うな。こっちも好きだけど。
友達同士、とくに女の子も入れてわいわいという経験があまり無いので憧れます。そういう青春。
電撃うぇぶらじおみたいな雰囲気結構好きですね。

それはともかく。
フットボールくらいの規模がちょうどいいんですよね。
プロ野球だと大きすぎる。いろいろごちゃごちゃし過ぎてる。
書かなければならないことも多いし、現場やフロントとファンに距離があり過ぎる。
それなりにまとまってないと一丸さっていうのを出しにくい気がします。
試合間隔も。フットボールの試合は週1、ホームは週2ってちょうど書きやすそう。知らんけど。

ただプレイの描写は野球より難しいかな。
これは野球に比べて僕がフットボールを見た数とか、フットボールのプレイ経験が乏しいというのもあるでしょうが。
野球はちゃんとコーチに教わりましたが(モノにはならなかったけど)フットボールは指導を受けたことがありません。
この辺がプレイ描写が薄くなったり、プレイヤーの心情とかが嘘っぽくなり過ぎちゃったりしないかなという懸念。
引きこもりなので近くにやってる人居ないですからね。居ても小説書くから取材させてとか言えませんが。
従兄がガチでやってて、強豪校のレギュラーでしたが、もう遠くの大学に進学してしまいましたし……。
スポーツものを書くときにそのスポーツをガチでやった経験が無いというのは結構なハンデな気が……。
ただ、プレイヤーの心情描写に力を入れ過ぎても普通のサッカー漫画と変わらないので、まーいいかなと。
諦めですが、諦める心は大事です。諦められないから僕は今困っているのですが、それはツイッターで。

フットボールクラブを中心にいろいろな人を描くというのは、ジャイキリがもうやっています。
こっちは、あの作品とはもっと違うテイストで攻めていけたらなぁと思います。
ジャイキリは面白いですね。マンガはあまり読みませんがジャイキリは好きです。
ジャイキリをほどほどに目指しつつ、自分の色を出していけたらいいですかね。

やっぱりオリジナリティというものが必要です。
小説というのは、ストーリーとか文法とか展開の仕方とか、いろいろな要素が合わさってできています。
ライトノベルの場合はイラストもそうですね。応募作には関係ありませんが。
もちろん王道を否定するつもりはありません。王道最高。
でも、ほとんどの要素が王道でも、必ず一つは作品にそこそこ強いオリジナリティを加えるべきでしょう。
例えば学校の階段だと、階段を走るのを真面目に競技化というのが斬新。
神様のメモ帳だと、ニートの探偵団というのがなんか斬新。
ラジオガールウィズジャミングは、報道機関と報道規制が戦う(少なくともラノベでは)斬新。
こういった、他の作品にはない「売り」が欲しいところ。
学校の階段を例に挙げると、文体も普通だし内容も結構王道的なスポ根と青春物。
でも、階段レースなんていう競技をテーマにした作品なんて後にも先にもこれだけでしょう。
あとは、この小説に何度も登場しているプシュケの涙とか。
主人公を一度も視点保持者にせず、主人公を間接的に感じさせるのはラノベでは斬新でしょう。きっと。
組み合わせ方とかなんでもいいですが、とにかく斬新な要素を一つは入れたいなぁ。

そのうち連載を始めたいですねー。
10年くらい連載してACLで優勝してCWCに挑むところで、このクラブの活躍はこれからも続くて来な感じで完。
○○○○の場合、みたいな一人アンソロジー?みたいにな感じになりそうです。わかんないけど。








まぁ、書きませんけどね。









そういえばオリジナリティと言えばこの人。
jubeatを独創的なかっちょいい押し方でプレイし、このブログでも取り上げた「hanistar」さん。
いつの間にか新作をうpしていました。
結構前にうpして僕はそれを見ていたのですが、紹介する場が無かったですん。
今回は何者かがニコニコ動画に転載していました。
彼のプレイにはニコ厨も驚愕でしょうねきっと。
では、以下その動画。








うわーかっこいい。惚れる。
僕もこんなプレイしたいな。無理ですけど。
こんなプレイしたら彼女が37202579人くらい出来ると思います。イケメンだとね。



ということで今回はこの辺で。
読んでくれてありがとうございます。できればコメント残してね。
このブログはもうネタ切れなので次の更新はいつになるかわかりません。
年末はともかく年始は結構面白かったのでそれについて書くかなぁ。
初詣とか面白かったですよ。線香が大炎上してたし。
あとなんだかんだ言ってOH!まもり買いました。
そのうちアップするかも。しないかも。

というわけで、社会人と学生のみなさんそろそろがんばってね。
また次回。雉でした。

トシアケキジーと「ebulient future」ゼロパーセントの未来に、最高の番狂わせを用意してやる




どうも雉です。みなさん新年明けましておめでとうございます。
2011年です。僕はお雑煮があまり好きではありません。
年も変わったのでこれまでより中二成分を増してお送りします。
なのでタイトルもこんな頭痛が痛い感じに。残念度は100パーセントですね。

野球ファン的には元日は2月1日もしくは3月の最後なので、あまり新年とか言われても「あっそう」という感じでしょうかみなさん。
そしてサッカーファン的には今日がシーズン最後の日。
今年はすぐにアジアカップがあるので、明日からシーズンオフ!という感じがあまりありませんけれどもね。
このブログを上げる頃には結果も出てるかな?まだかな?書いてる時点ではまだ朝刊すら届いていません。
個人的には清水エスパルスに勝って欲しいです。
今季3試合くらいしかしていないですがいいチームだと思いますし、小野伸二は天使。
最後の清水ユニの選手も多いですし、自分たちの最後に、そして長谷川監督に最後にタイトルを!という気持も強いんじゃないでしょうか。
ただ清水は来季にACLが加わり非常に厳しいですが……。


今日が野球ファン以外にとっては(というか野球ファンでも)元日なので当たり前ですが、昨日は大みそかでした。
みなさん大みそかはなにをして過ごされたのでしょうか。
僕は年賀状を作ったり年賀状の買い出しに行ったりしていたりしたら自演乙も水樹奈々も見逃しました。悲しい。
どちらもなんたらチューブで見ちゃったんですが、水樹奈々は大幅にカットされていて悲しかったです。
僕はあまり紅白を見ませんのでわかりませんが、楽曲のカットというのは紅白では当たり前のことなんですかね……。
その割にサザンの桑田さんとか2曲歌っていたしなんだか腑に落ちません。
紅白はそこしか見ていないのでわからないんですが、トイレの神様は結局ノーカットで流したんでしょうか。
もしそうなら、植村とかいう人が10分で水樹奈々はおよそ2分30秒ほど(うろ覚え)
別にトイレをカットしろとかでは無いですが、普通の長さの曲をフルで歌うことができない歌手が居るのなら出場歌手を減らすとかすればいいのに。
テレビを通じてですが、彼女がこれまでの人生できっと一番多くの人に曲を聴いてもらえる場です。
そういうことをもっと尊重してほしいな、と。
しかしカット抜きに考えるといいステージだったと思います。
他の彼女のライブを見たことが無いのでわかりませんけれども、いい表情でいい感じに歌えたんじゃないかな。
曲も僕が彼女の曲で一番好きな曲なので嬉しかったです。見逃したけど。(ちなみに二番目はイノスタ)
けれど、だからこそフルで……というファンでも何でもない僕の思い。

ま、新年早々昨年のことを掘り返すのはやめにしましょう。
今年は2011年なので、地球が僕の頭の34568748599651840785678億万千倍くらいちゃんと回っていると来年は2012年です。
2012年というのは市民全員が脇からゲロを吐くかそれより凄い事件が起きない限りロンドンでオリンピックが開催されます。
そして今年2011年は各競技の代表選考や出場枠確保の争いが本格化します。

残念ながら野球は市民全員が脇からゲロを吐いたのでこの争いの仲間に加わることはできません。
たぶんもうみなさんナショナルチームに飽きてきたり、WBCがあるからええわって人も多いと思います。
シーズン中なのに選手引き抜くな糞代表が脇からゲロ吐いて死ねって人も結構多いんじゃないかと思います。
しかし僕は2年に一回くらいプロ参加の国際大会が見たいミーハーなのでひっじょーに残念です。
来年五輪予選があったらきっと(来年も活躍することが前提ですが)マエケン投げてただろうなーとかそういう思いもあります。

ならサッカーでも見とけやって話ですが、サッカーの代表ってなんか他人事のような感じがするんですよね。
それは僕の応援しているチームがJの底辺の弱小なので日本代表選手を輩出することがまず無いからです。
「代表」っていうのは各チームの日本人がチームを代表して日本のユニフォームを着て戦う、という意味もあると思います。
でもうちに代表する選手がいないので、J1の人らで勝手に盛り上がってる感がちょっとだけして、あんまり熱込めて見れません。
もちろん日本人なので日本代表が勝ったらうれしいですし、負けたら悔しいです。
だけどもそれはナショナリズムかなんかそんなのであって、切実に勝って欲しいとか○○選手に超頑張ってほしいとかあんまりありませんもん。
「サッカー日本代表で好きな選手だれ?」って聞かれても正直返答に困ります。

しかし野球は違います。
23人の枠を38チームのプロチーム+海外組で取り合うW杯とは違い、五輪野球は12球団で24人の枠を取り合います。
WBCではないのでMLB選手は基本的に参加しませんし、それ以外の国から呼ぶ必要も無いでしょう。
12球団で24人、単純な計算だと1チーム2人が選ばれます。
アテネ五輪の時のような制約がない限り必ず全チームから選ばれるとは限りません。
しかし、1人だけでも贔屓球団から選ばれる可能性は高いと言えます。
それはNPBの(主にオーナーと投手コーチあたりが)底辺クソチームの広島カープであっても例外ではありません。
というか今年仮になんか国際大会があったら絶対マエケン選ばれてますし。
やっぱり自分とこの球団から選手出してると見るのも気合入ります。
例え自分のとこから一人も選ばれなくても、NPBは同リーグなら年間で24試合くらいずつ各球団と試合をしています。
つまり他球団選手を見る機会もそれなりに多いため、他球団選手にもそれなりの親近感があります。
なので「好きな選手」「応援したい選手」が生まれやすいと僕は考えます。
「NPBは閉鎖的だ」とよく批判されますが、閉鎖的だからこそ代表戦が盛り上がるんじゃないかと。
なのにその代表戦がWBC以外無くなってしまってはもうどうしようもありません。

国際野球連盟(IBAF)は本当に「五輪野球」を守ろうとしていたんでしょうか。
五輪野球が無くなったことについてNPBに責任は僕の考えではないと思いますし。
というかむしろ協力する義理もないのにむしろよくやったほうだと思います。
ですがIBAFがアフリカのような野球が無い国に野球を普及させている活動を十分したとは到底思えません。
日本やアメリカが西アジアやアフリカに指導者を派遣という話はよく聞きますが、IBAFなんかした記事は読んだことがありません。
それは僕が日本で日本語メディアしか利用していないので当たり前といえば当たり前ですが、もっと努力で来たんじゃあないかと。
確かにWBCを主催するMLBが五輪復帰に協力が無く厳しかったことは事実です。
しかし五輪競技かどうか、で強化費を決める国は山ほどあります。
それを考えると「WBCがあるから五輪はイラネ」とはならないはずです。

MLBにとってはせっかくの世界一決定戦の独占の機会なので非協力的なのは当然ですが、僕としては協力してほしかった。
MLBはみなさんご存じの通り、野球の(というかMLBの)世界展開に結構力を入れています。
僕はMLBはほとんど興味がないのでどれくらい力入れてんのかぶっちゃけ知りませんが、WBCなんかやるくらいですから結構なことでしょう。

野球はアフリカや西アジアなどでは残念ながらマイナースポーツです。
しかし、マイナースポーツにも日が当たるのが五輪です。
みなさんも普段は気にも掛けないけどテレビで五輪やってるなら見る、という経験をしたことがありますよね?
しかし自国代表の試合以外は、基本的に世界トップクラスの人たちのプレイしか見ないと思います。
だけれど五輪野球に世界トップクラスの選手は出場しません。
これじゃあ誰も見ないですよ。当然です。
誰も見なければ人気は落ちるし人気が落ちると五輪から削除されてしまう。
というか削除されてしまいました。
そうなれば世界中で野球に対する強化費は削減され露出も減りどんどん落ちていきます。
WBCとかしらねーけどたぶん出場国でしか放送されてないからあんまり普及には役立ちませんよ。
オランダみたいな中途半端な国では結構効果あるかもしれませんが。

ですのでここはMLBに重い腰を上げていただいて五輪に参加していただきましょう。
MLB的にはWBCのオンリーワンさを下げることになります。
しかし世界トップクラスの選手が出ないことにはどうしようもありませんし、五輪でMLBを宣伝することも出来ます。
「あ、あのアダムダンっていう選手MLBに居るんだ!僕も明日からMLB見よう!」
となるかもしれません。
もちろん事はそうトントン拍子には進みません。
しかし地道な普及と組み合わせると、もっと野球の面白さを知る人たちが増えると確信しています。

野球はメジャースポーツの中で一番面白く、一番完成された競技です。
もちろんこれは僕の主観ですが、しかしこれだけ多くの日本人とアメリカ人を虜にした競技です。
もちろん人種が違うので、中東や欧州やアフリカでも流行るか、と言われれば必ずしもそうではないでしょう。
ですが、そもそも彼らは野球という競技があること自体を知らないのだと思います。
そりゃなんでも見ないと魅力は伝わりません。
もっと多くの人に野球を見てもらうということを儲けの前にMLBに考えてほしいなと。
野球でたくさん儲けてるんだから、少し野球にも還元してください。
でも選手会が嫌がるんだろうなぁ……。
ちなみに個人的にはドイツでもっと流行ってほしいし流行らせる余地はあるんじゃないかと思う。


はてさて、今年は代表戦が無いので比較的まったりしたシーズンになるかな?
ならないでしょうね。
最近はパリーグだけではなくセリーグも最後の最後まで優勝が分からなくなってしまってますから。
いいことです。国内リーグが盛り上がらない競技に未来はありません。
元甲府やガンバのエースだったあの人の名前の競技とかね。



さて締めに入りたいと思います。
今回は初めて野球について書きました。
改めて読み返すと某世界のブログが大昔に取り上げてそうな内容ですが……(あそこ読んでないので実際どうなのかは知らん)

僕は野球が好きです。
しかしプロ野球は都会の娯楽です。
田舎暮らしの人々にとって現地観戦にしょっちゅう行くというのはとても厳しいことです。
ですが幸いここは日本なので、がんばってお金稼いで泣きながら交通費払えば行けますし、TVで見ることもできます。
しかし野球後進国の人たちは、レベルの高い野球を見に行くことも出来ないですしTVでもたぶんやってない。

まずは五輪だけ。
五輪だけの中継でいいです。
そこで世界トップクラスの人たちのレベルの高い野球を楽しんでほしい。
そしていつかその国にプロリーグができて、その国の人たちに身近に野球を楽しんでもらいたい。


今の世界の野球の可能性は0パーセントです(実際はそんな低くないけどね)
野球が大好きな人たちで、最高の番狂わせを用意しましょうや。
なんだかんだ言って世界一を自慢する相手がキューバと韓国だけって寂しすぎますって。やっぱり。



なーんて、気持ち悪く最後タイトルに絡めるなんていうフィクションっぽいことやったので今回は終わりです。
満足したような、満足していないような。
てか元日からなにこんなブログ書いてるんだ僕。

次回はサッカーについてかな?予定ですが。変更の可能性のほうが大きいです。
最後になりましたが、今年もみなさんどうぞよろしくお願いします。また次回。雉でした。

トシノセキジーと「侍」余裕の花遊び

トシノセキジーと「侍」余裕の花遊び


どうも雉です。おはよう。

確かにいろいろ思うことはあります。コミケ死ね。
でもブログではツイッター見たいにあんまり感情的にならないようにします。コミケ死ね
あそこと違って10分じゃ流れませんからね。コミケ死ね。

しかし流れにくいといってもそもそもこんなブログゆきじさんとまだまぼうさんくらいしか読んでないと思いますが。
ゆきじさんはコメントをくれるので結構きっちり読んでるんじゃないかと思います。ありがとうございました。じゃないやありがとうございます。
まだまぼうさんはなんかツイッターにこのブログ面白いとか書いてました。
まぁたぶんわふいのブログあたりと間違えてるんでしょうが、もし本当にこれのことだったらかなりエキサイティングな読み方をしているんじゃないでしょうか。
例えば……次の行の文字数を当てるゲームやりながら読んでるとか、もしくは薬か。ダメ、絶対。ああこのブログ読むのはダメじゃないですよ。
別に二人の為に書いてるんじゃないんだからねと強がりたいところですが、他に誰の為にも書いていないので二人の為でいいです。
二人は僕のプレッシャーを感じながらがんばって読んでください。ですがシンナーを吸いながら読むのは犯罪なのでやめてください。

あと、コメント返信が毎度遅くなってごめんなさい。
なんか携帯からFC2にコメントすると「雉」という字が文字化けするんですよ。
帆足君のブログに「きじ」でコメントしている時点で全く言い訳になっていませんけれどね。すみません。

はてさて今日は大晦日ですがこれを書いているのは実質大晦日前日、晦日って言うんですっけ?12月30日です。
長かった1年も終わりですね。
自分的にはツイッターに振り回された1年でしたが、いつからツイッターやってたんでしたっけ。
バンクーバー五輪のときは確かツイッターで実況していたような。
あの時のTLの人たちも結構残っていますね。
やめた人も結構いますし、僕をブロックしやがったやつもけっこういますけども。うん。
そのバンクーバー五輪で知ったこと。冬季競技って意外と(って言ったらかなり失礼だけども)おもしろいですね。
モーグルやスノーボードのHPやクロス、とても見ていて楽しかったです。あとカーリング。
僕はあまり冬季競技には馴染みがありませんが、僕の知らない世界で面白いものはいっぱいあるんだなぁと感じた大会でした。
……知らない世界に行ってみたいですね。おっと、続きはツイッターで。


で、昨日の午前2時だか3時だかにですね、その知らない世界に行ってみたい件でTLを汚しまくっていたらロック認定されました。
今日から青いヘルメット常備ですね。僕はE缶だけは最後まで取って置きます。
読者が二人(たぶん)だとこんなべたなボケも楽にできますね。いや別にあなたがたをないがしろにしているわけではないですよ。はい。

話を進めるとそこでなんか創作を勧められました。そして僕は自惚れて創作=小説だよねみたいな考えに至ったようなそうそんなあれです。
今思えばあれは「雉は知的障害者だからパンでも作ってろカス!」という意味の差別的な発言だった気がしないでもないですけれども。
と、とにかく、そこから倒置法とか体言止めとかをせきぬさんとかじぇいぺぐさんとかに教えててもらいつつ比較的真面目に勉強したんですよ僕は。(←倒置法)
ご覧のように体言止めとか倒置法とかをマスター……まではいかないにしてもまぁスーパーくらいには会得した気がします。
なんだか普通の日記になってきましたね。なので叫びます。あああああああああああああああああああああああああああああああ。
叫びました。
別に普通から対して脱却していないしというか別に普通に日記でよかったですね。
なんかこういうの書いたことあんまりないんで気持ち悪かったんですすみません。

それで僕はその後熱くなってこっ恥ずかしい自己創作論的なものを本塁打29本くらい気持ち悪い文章で連投していました。
ついろぐ参照。いややっぱ見なくていいです。
すぐに熱くなっちゃうんですよね。なんたって灼熱だから。あ、スクラッチで切り刻んじゃって結構ですよ。深く反省しています。

なんか支離滅裂な感じになってるのでちょいと補完を。というか支離滅裂そのものですね。

ようはインストゥメンタル(歌の無い音楽のこと)のような小説があったら面白いんじゃないかと。
僕は読書をするタイプではないので、僕の定めちゃった定義でインストのような小説以下インスト小説は一シリーズしか知りません。
しかし読書をしないといっても100冊くらいは小説を読んでいます(ほとんどラノベですけどね)
それで僕が出会ったのはたったの1シリーズ3冊、打率.030です。低い。ヒューバーのが高い!
これはつまりそういう小説自体が少ないか、僕の読む本が偏っているからこんな結果になったか、その小説のあるジャンルが偏っているかどれかです。
そもそも規定打席(何冊がそれなのかはわかりませんが)に達してねーから全く参考にならねーよカス、という意見は面倒なんで無視します。
僕の読む本が偏るのはもうなんか仕方がないのでとりあいず1か3と仮定します。
なにがとりあいずなのかわらかないしとりあえずだろ!って突っ込みは無しで。
たぶんこのあたりであなたはイライラして読むのやめちゃうかな?まー読んでよ。読まなくてもいいけど。

まず1として、これなら話は簡単です。
前例があるので後追い感はありますが、それでも数が少ないので物珍しいです。普通に書けばいい。
そして3の場合。
少なくともライトノベルにはそういう作品はあまり多くないイメージなので普通に書いて電撃大賞にでも出せばいい。
はい、終わり。

今頃みなさんは「インスト小説ってなんやねん!」とか思ってると思いますってるけれども、「プシュケの涙」シリーズを想像していただいたら結構です。
僕の定義ではこれは完全な「インスト小説」です。
もう一回書きます。今度は僕が関西弁でしゃべっていると想像して読んでください。
「僕の」がぼ→く→の、ではなく、あ、ではなくもで→は↑な→く↑です。で、僕の、をぼ→く↑の→と読んでください。
いきますよ。
僕の定義ではこれは完全な「インスト小説」です。

はい。そいうことです。
でも「プシュケの涙」シリーズを知らない方も普通にいらっしゃると思います。なぜか丁寧語です。
「プシュケの涙」シリーズというのは、主人公は「由良」という男です。
主人公なんて一言も書かれていませんが、たぶんみんな由良が主人公だと思うと思うと思うと思います。
しかし上に書いたように主人公とは一言も書かれていませんし、一人称小説なのに由良が視点を持った場面が無いんですよ。
でも由良が主人公なんです。読めばわかります。読んで。あ、宣伝になっちゃった。僕市ね。
第一作のプシュケの涙では、前半は高校生の少年、後半は高校生の少女が視点保持者。
第二作のハイドラの告白では、前半は大学生、後半は女のモデルさんが視点保持者。
最終作のセイジャの式日では、前半はハイドラと同じ大学生、後半はプシュケとはまた別人の高校生の少年が視点保持者。
それぞれがそれぞれの生活とか物語とかを抱えながら、由良と付き合い、由良を読み取ります。
作者的には、この視点保持者たちを通じて読者に由良を感じさせる、と言ったところでしょうか。エロい意味じゃないよ。

今ここで視点保持者という言葉を多用しましたが、この言葉が小説用語的に正しいのかは僕はわかりません。
というかぶっちゃけ僕が昨日深夜のテンションで適当に付けたのでたぶん間違ってるかなって思います。
ようは一人称小説で誰の視点のおはなしかということです。
たとえば「ハルヒ」ならキョンが、「神様のメモ帳」なら鳴海が、「ロウきゅーぶ」なら昴がここでいう視点保持者です。
普通は主人公=視点保持者ですね。
つまり僕が言いたいのは「インスト小説とは一人称小説だけれども主人公≠視点保持者の小説だ」ということです。

ここで勘違いしないでほしいのは、二人称小説とはまた別物であるということ。
いやまぁ二人称と言えば二人称……なのかな?
そもそも二人称小説がなんなのかは僕もわかっていません。せきぬさんが説明してくれた文を引用します。RTです。

『ドキュメンタリー映画のようで、主人公を「彼」と呼んで、ずっと追って行く。
 作者はドキュメンタリーのカメラマンになる。「彼はコップを手に取り、苦々しげな表情で中身を一気に飲み干した」みたいな感じ』

だそうです。ほへー。
しかし僕が書きたいのはこういった作品ではありません。ああいや嘘です書きたいとか思ってません。
このように視点保持者が主人公をずっと見たような感じではなく、あくまで一人称小説で視点保持者に生活や物語があり、その中で主人公と接していくわけです。
でも「大事」なのは視点保持者の物語ではなく、あくまで主人公の物語です。
ですが視点保持者がずっと保持し続けるともうそいつが主人公だし、多角的な目線で主人公を読者に見せたいので視点変更という技を織り交ぜます。
ここで視点保持者が変わるわけですね。
しかし視点がコロコロ変わる小説は非常に読みにくいので、ここはバランスが大切です。バランス考えろ。
ですが主人公は視点を保持しないので、普通の一人称小説のように主人公の気持ちが(隠している部分はあるが)読者に筒抜けではありません。
間接的に読者に主人公を感じさせる。
この回りくどさが結構いいと思うんです。

ここでようやく、僕がこのような小説を「インスト小説」と呼ぶ理由の説明です。
……もうキー打つの疲れたよ。帰りたい。
でもまぁ説明します。引きこもりは暇なんで。
好きとか嫌いとか透きとか悲しいとかうれしいとかおいしいたのしいあたらしいとか、そういうことを言葉で直接的にぱっと言うのは簡単です。
世の中には誤解というものがあって実際そんなに簡単ではないですが比較的簡単です。
しかしインスト音楽はこれらをメロディとリズムと音色だけで表現しなければいけません。ビジュアルとか演奏で伝えることもできますが。
でも直接表現は「基本的に」ですが出来なくて、これらの武器を使って回りくどく表現する必要があります。
でもその回りくどさに、遠回りな表現に、人は、人は惹かれるわけです。
少なくとも僕は惹かれます。ボーカル音楽に無い魅力があると思います。

もちろん感情をそのまま言葉で表現したらかっこ悪いですから、ボーカル音楽の歌詞も小説の表現も遠回りな言葉にするのは当たりまえになっています。
しかし、僕には言葉の引き出しや的確に言葉を置く技術が無いので、安易にそれをやってしまうとダサい寒い痛いで遺体となってしまいます。
なのでいっそ切り離したら、と考えたようです。
視点保持者を通さないと作者の伝えたいことが、主人公が感じていることがわからない小説。
メロディとリズムと楽器を通してじゃないと作者の伝えたいことが感じ取れないインスト音楽っぽいといえなくもないでしょ?
そういうことです(キジッ

しかしせきぬさんは言いました。
「物語が一番大事やで(概要)」
そうです。あたり前です。
ストレートが生きてこそ変化球も生きる。
おもしろければなんでもいいんですよ、ラノベは。




    ま、書きませんけどね。





だってこんなん面倒じゃないですか。
設定練り込みまくらにゃあかんし。
書くなら野球小説かなぁ。
でも9人も魅力的なキャラ書けないまぁ一人も書けないけど。
でもどのポジションも大事なのが野球だから、モブキャラとか置きたくない。
野球に失礼。僕の信念にも反する。明日から新年ですね。はい。



さて、そろそろ締めますかね。
うわーなげー今回。
10kbですよ。わろす。
長い割にスカスカでなのに僕のドヤ顔が画面に見えるくらいのアレな気分をみなさん味わったと思います。ざまぁ。

なにはともあれここまで読んだ方お疲れ様です。
たぶん居ないでしょうけど、いたら商品でも差し上げたい気分ですあげないけど。
でもありがとうございます。ほんとに。うん。ごめんねなんか。

今年一年ありがとうございました。
それではまた、次回は来年。雉でした。

アアアアキジーと「ああああ」ああああああああ

某人が書け書けいうので某人のためにやります。
みなさんは読まなくていいです。
読まなくていいので昨日の記事をもう一度読み直して下さい。
あとコミケ爆発して。





1. お名前を教えてください。
にわかなんJラー

2. 年齢、ご職業、性別等のうち知られてもいい範囲で教えてください。
とくになし

3. 自分のサイトを持ってる場合、名前とその由来、どのようなサイトかを教えてください。
http://www.hellowork.go.jp/  職を見つける

4. 一日の平均読書時間を教えてください。
読まない

5. 主にどんな場所で本を読んでいますか?
読んでない

6. ライトノベルを一冊読み終わる時間はどれくらいですか?
大体3時間。厚さにもよる

7. 一日の平均ネット時間の教えてください。
4時間くらい

10. 巡回しているライトノベルがらみのHPがあれば教えてください。
まいじゃーと2ch

12. 新刊の情報は主に何処で(何で)チェックしていますか?
2ch

14. はじめて読んだライトノベルは何ですか?
半月

15. ライトノベル歴は何年くらいですか?
大学生が入学して留年せずに卒業するくらい

16. ライトノベルの蔵書数はおおよそどのくらいですか?
100冊くらい

17. ライトノベルを月に何冊くらい購入しますか?
3~4くらい

18. ライトノベルを月に何冊くらい読了していますか?


19. 今現在、ライトノベルの積本は何冊くらいありますか?
10

20. 「積本」「積ん読」することをどう思いますか?
しゃーない

21. 部屋に本があふれて大変なことになった経験はありますか?
その経験は無いですけど風呂からお湯が溢れて大変なことになった経験はあります

22. 本の片づけ方でオススメの方法があったら教えてください。
食べる

23. 読み終わった本はどうしていますか?
あとがきを読む

24.2chで叩かれたときはどうしていますか?
泣いています

25. 本の値段は高いと思いますか?
安い。コスパが漫画と段違い。文庫本の話だけど。

26. 月にどれくらいの頻度で本屋に行きますか?
2chを見ない人同じくらい

27. 自分では買わずに友人や図書館等で借りて済ますことはありますか?
あるけどおもしろかったらちゃんと買うし図書館しか利用してない奴はカス。あと友達はいません。

28. 古本屋で購入、または売却することはありますか?
バカテスと生徒会だけ売った。買うことはほとんどないけど絶版とかはたまに。

29. ネット(amazon、楽天等)を使って本を購入することがありますか?
それがほとんど

30. ネットオークションでライトノベルを購入、または売却した経験はありますか?
落札したけど放置した経験なら

31. 事前にあらすじなどを見てから読み始めますか?
読みながらあらすじを見るタイプです

32. 本編と後書き、どちらから読み始めますか?
あとがき

33. 本の途中で面白くないと感じたら読むのを止めますか?
  それともとりあえずは読み切りますか?
やめる

34. 本についているしおりはどうしていますか?
赤ちゃんポストにすてる

35. 本についている帯はどうしてますか?
外して大切に保管

36. 本に挟まれているアンケート葉書を送ったことはありますか?
共産党に送った

37. 本を読むときにはブックカバーをかけますか?
かけない

38. フィギュアにぶっかけますか?
フィギュア持ってない

39. ライトノベルを選ぶ時の基準を教えてください。
ない

40. 現在、探している本があったら教えてください。
10円くらいで売ってる戯言

41. なんで引きこもりなのか教えてください。
特に意味は無い

42. これから開拓しようと思ってるレーベルがあれば教えてください。
ガガガ、MW

43. 特にお気に入りの作家がいれば教えてください。
杉井光と桜庭一樹

44. 最近、注目している作家を教えてください。
柴村

45. 最近、寒いですね。
外に出ないので知りません

46. ライトノベルを書かせたら面白いと思っている人物はいますか?
  (漫画家、アニメやゲームのライター、他ジャンルの小説家等)
田中勇作さん

47. 今度チェックを入れようと思ってる、著作未読の作家はいますか?
川原、綾崎、あと久住四季

48. 特にお気に入りの作品があれば教えてください。
階段

49. 「今イチオシ」という作品があれば教えてください。
ロウきゅーぶでも読んでろ

50.学校に行ってください。
絶対に行きません

51. 完結した作品で、もう少し続いてほしかった作品はありますか?
  (一冊完結・シリーズ・短編などは問わず)
ラジオガール・ウィズ・ジャミング
続きだしてお願い

52. 長く続き過ぎたせいでつまらなくなったという作品はありますか?
僕のツイッター

53. 終わらせ方が上手いと思った作品はありますか?
新庄の野球人生

54. 終わらせ方が下手だと思った作品はありますか?
ヤニキのフルイニング

55. まだ未読の作品で、今度読んでみたいと思ってる作品・シリーズはありますか?
40個くらいある

56. もう既読の作品で、今度読んでみたいと思ってる作品・シリーズはありますか?
学校の階段

57. 面白いという評判を聞いて買ったら失敗したという経験はありますか?
生徒会の一存はクソだった
そもそも面白いと言う評判をきいてないけど

58. つまらないという評判を聞いて読んでみたら実は面白かったという経験はありますか?
ツイッター

59. 最近おしっしが出たのはいつですか?
10分前です

60. 濃かったですか?
覚えてません

61. 「萌え」に特化、もしくは極めて比重の高い作品をどう思いますか?
どうも思いません

62. エロについてはどう思いますか
必要無いエロは萎えるだけだからいらない

63. ライトノベルにとってイラストは重要な位置を占めると思いますか?
占める。
だからてぃんくるはバスケシーンの絵描いて。

64. 表紙イラストだけで衝動買いしてしまった作品はありますか?
狂乱家族日記とか

65. 特にお気に入りのイラストレーターがいれば教えてください。
岸田メル、植田亮、ヤスダスズヒト、BUNBUN、藤原々々とか

66. 最近、注目しているイラストレーターを教えてください。
也って人

67. イラストで得をしていると思う作品とその理由を挙げてください。
僕は友達が少ない、禁書

68. イラストで損をしていると思う作品とその理由を挙げてください。
ラノベ部、西尾維新

69. イラストで得も損をしていないと思う作品とその理由を挙げてください。
新書全般

70. 特に気に入ってる男キャラを教えてください。
神メモ全員、哲郎、三枝とかその辺、アララギ

71. 特に気に入ってる女キャラを教えてください。
アリス、真冬、三島さん、レコリス

72. 特に気に入ってるアンドロイドを教えて下さい。
IS01しか持ってません

73. あなたがベスト・カップルだと思うのは誰と誰?
僕と雉子

74. ライトノベルから他メディアへのメディアミックスをどう思いますか?
アニメ化は死ね
ほかはどうでもいい

75. 他メディア(漫画やゲーム等)からのノベライズ化をどう思いますか?
どうでもいい
スパイラルは面白かった

76. メディアミックス展開が成功したと思う作品をあげてください。
デュラララ

77. メディアミックス展開が失敗したと思う作品をあげてください。
銀板カレイドスコープ

78. これからメディアミックスして欲しい作品はありますか?
学校の階段

79. プロ、アマを問わずに小説を書いていますか?
書いてない

80. 富士見や電撃等のライトノベルの大賞に応募したことはありますか?
ない

81. 貴方が注目している小説の賞(大賞・新人賞)を教えてください。
電撃のMW文庫賞とGA

82. 同人小説(オリジナル、二次創作は問わない)に興味はありますか?
同人音楽ならそれなりに

82~85. とくに質問はありません
そうですか

86. なんですか?
なんでしょう

87. ライトノベルは「子供向け」のものだと低く見られることがありますが、そのことに劣等感を感じますか?
別に
子供向け=が低いというわけでもないし

88. 世間の評価は違うんだけど、自分の中では「ライトノベル」と思ってる作品はありますか?
僕の携帯で書いた小説

89. ライトノベルをまったく読んだことのない人にライトベルを薦めるとしたらどんな作品を薦めますか?
ハルヒとさよならピアノソナタ

90. 逆に初心者にはお薦めできないと思われる作品を挙げてください。
されど罪人は竜と踊る

91. ライトノベルで貴方が「コレがツボだ」と思うようなポイントは何ですか?
言葉選びが多彩で知的ななんかこうあれを感じさせる

92. ライトノベルで貴方が「コレは許せない」と思うようなことはありますか?
生徒会の一存

93. 貴方の心に残ってる台詞を教えてください。
どう見ても精子です本当にありがとうございました

94. 貴方の心に残っているシーンを教えてください。
飛び降りる所

95. 貴方の心に残っている購入方法を教えて下さい
神様家族を全巻セットで買ったとき

96. 普段「ライトノベル」という言葉を使ってますか?
ラノベといっています

97. 好きな果物は何ですか?
オレンジです

98. 貴方が考えるライトノベルの定義とは?
僕がラノベって言えばラノベ

99. あと一息。今までも、そしてこれからも貴方がラノベに望むものとは?
おもしろければなんでもいいです。

100. それでは最後に。ここまで読んでくださった皆様に一言どうぞ。
僕今まで黙ってたけど本当ににわかなんJラーです。全部自演です。騙しててすみませんでした。

キジキジキジーと「とある皇帝」の遠距離愛(ロングフィード)

どうも雉です。
最近更新していなかったので、100質でも書いてお茶を濁すか、でも100質ってつまらないからやだなーでも書くか、とか思っていた矢先。


ストヤノフ選手完全移籍加入のお知らせ
この度、サンフレッチェ広島所属 ストヤノフ選手が、ファジアーノ岡山へ完全移籍加入することが決定致しましたので、お知らせ致します。

http://www.fagiano-okayama.com/news/index.php?c=topics_view&pk=1293432252


今季Jリーグ移籍市場最大の、そしてファジアーノ岡山史上最大の衝撃の移籍ではないでしょうか。
まさかストヤノフが岡山でプレーするなんて……思ってました!
嘘では無いですよ。
普通なら絶対にあり得ない話ですが、ホントに来るって予感がしたんです。
うちのフロントなら、今のCBをそのまんまにしとくわけにいかないと。

奇跡的な補強ですが、やはり間瀬さんのコネクションでしょうか。
通訳も間瀬さんが兼任するでしょうから、新たに雇う必要ありませんしね。

ストヤノフのロングフィードと、千明、喜山らのパス回しを組み合わせた、攻撃バリエーションの多い楽しいフットボールが見られることを期待。
DFなのに攻撃面での期待が大きいですねww まーストヤノフですから。ええ。

やはり来季は3バックになるんでしょうか。
個人的に3バックというのはあまり好きではないのですが(実質5バックの守備的なサッカーになってしまう)
代表で4バックのCBも出来るといえストヤノフが真の実力を発揮するのは3バックのリベロのようですので、この際3バックにするのも十分ありかと。
野田が浦和に帰ってしまったことでSB(とくに左)が手薄なのでいっそSBを置かないと言うのもありかと。
今季左SHで2chでボコボコに叩かれながらも微妙な活躍をした小林優希は運動量も豊富で今季守備面が成長したように感じますし。
うちの選手は基本真面目でよく走るので、SHもちゃんと守備しそうです。
右はストヤノフと同じく広島から獲得したくわ田(←なぜか変換できないので以下桑田とする)ですかね。
桑田は言い方は悪いですが地味な感じですが、この人も本来岡山にはありえないと言ってもいいほどの補強なので、攻撃面でしっかり貢献してくれると思います。
スピード系ってこと以外どういう選手なのかいまいちわかりませんが……。
中盤は天才千明と、来季はしっかり調整して復活するであろう喜山のパサー2人を並べて後ろでテヨンが相手を潰す。
CBは真ん中はもちろんストヤノフ!
両隣はまぁ普通に近藤後藤でしょうね。他に居ませんし。鹿島から大道が来るという噂がありますが。
GKは真子とチャンガン、そして新加入の中牧が正GK候補でしょうが、普通に真子でしょう。
性GKは秒速51おぱんちゅかな^^
FWは2トップ、片方は今季5点だか6点だか獲った岸田で確定でしょう。
彼はとてもよく走ります。素晴らしい選手です。
もう片方は現状では白谷建人でしょうが、補強があるかもしれません。

なんせストヤノフ獲りましたからね。なにがあるかわかりません。
もう金ねーよってのが一番現実的ですが……。

でも白谷建人はいい選手で才能も溢れてるので、出来れば外人補強するより白谷を使って欲しいなっていうのが素直な意見です。
僕が白谷のファンなだけなんですが……。
彼は応援しがいが有ります。
サインとかしてもらったあとに「がんばってください!」とかいうと、「はい!ありがとうございます!」ととても大きな声で言ってくれます。
とてもうれしそうな顔で。
テレビ出演とかも見てもどことなく少年な感じが抜けてなくて、親近感を覚えると言うか、こういう選手が活躍したら岡山が盛り上がるなぁとか思ったり。
プレーも今のうちでは一番得点に貪欲ですし、彼がチームにフィットした後半戦は点が獲れるようになってきました。
2とっぴ、じゃないや2トップはこのまま岸田白谷で良いんじゃないかと。



まぁつまりこんな感じ

-----岸田-白谷----
小林-----------桑田
-----喜山-千明----
--------テヨン-------
--近藤-ストヤノフ-後藤--
-------真-子-------

SUB:チャンガン、野本、竹田、田所、久木田、新中、三木

あれ、なんか忘れている様な……まぁいいか。
妹尾は開幕絶望なのでとりあいずこれで。
まだ補強があるかもしれませんなので暫定版。まぁそりゃそうか。


あれ、意外と行けるんじゃね?
そんなにJ2は甘くないですけどね。



ああ、そういえばツイッターのアイコン変えました。





\                      /
   \  丶       i.   |      /     ./       /
    \  ヽ     i.   .|     /    /      /
      \  ヽ    i  |     /   /     /
   \
                                  -‐
  ー
 __             _∧_               --
     二      .    |/ ̄\|           = 二
   ̄            <| ^o^ |>                ̄
    -‐       灼.  |\_/|               ‐-
              熱  ̄ V ̄
    /       Beach Side Bunny
            /               ヽ      \
    /                    丶     \
   /   /    /      |   i,      丶     \
 /    /    /       |    i,      丶     \





弐寺やって無いので、皆伝に灼熱が入ってみんな苦しめばいいのにと思いました。
嘘です。いや別に嘘でもないのに。てか正直どうでもいいです。皆伝とか成りませんから。
譜面はともかく曲はいい曲です。僕は結構好き。



さて、これで今回は終わりですが、段々ブログが長文になっていくなぁ……。
段々と「長文書かないといけない」みたいなスパイラルに自分で勝手に陥って更新がめんどくなりそう。
ま、いいか。よくないけど。
ということで終わり。また次回。雉でした。




最後に今日加入が発表されたストヤノフのコメントを。


この度、サンフレッチェ広島所属 ストヤノフ選手が、ファジアーノ岡山へ完全移籍加入することが決定致しましたので、お知らせ致します。
■コメント:
岡山の皆さんこんにちは。ファジアーノ岡山からのオファーは、自分にとって、良い意味での驚きでした。
しかし、クラブとの話し合いを通じて、ファジアーノ岡山には大きな夢と可能性があることが強く印象付けられました。
こうしたクラブが自分に信頼を寄せオファーをくれたことに心から感謝するとともに、こうした大きなプロジェクトの一翼を担えることに大きな幸せを感じています。
岡山でのプレーは、自分のフットボールキャリアにおいて全く新しいチャレンジになることでしょう。
岡山の皆さんにお約束したいと思います。チームを助けるため、また、近い将来クラブが大きな結果を手にするため、ベストを尽くします。
プロフィール

雉(きじ)

Author:雉(きじ)
そのゆび ぼくに ちょうだい

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
カウンター
広島カープ
ファジアーノ岡山
杉井光
なんでも実況J
jubeat knit
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。